弁護士のもつ算定基準

お金慰謝料は、はっきりといくらですというところが評価しにくい性格を持っています。これが焦点となってくる部分ですが、保険会社の算定基準とは別に、裁判の判例によって作られた基準が存在しています。これを盤越しは使っていくことになりますが、金額の基準としては比べることができないほど高い金額になっているのが特徴です。裁判の判例ですので、保険会社の基準よりもはるかにしっかりしたものであるといっていいでしょう。これで交渉を進めていくことになるのですから、はるかに有効な手段となっていきます。

弁護士は、被害者の代理人となって交渉もしていきますが、保険会社が持ってくる算定基準は相手にしません。素人だと思って持ってきますが、落としどころが全く異なるからです。そうなると、保険会社も違う落としどころを考えなければならなくなるでしょう。交渉のプロを相手にするのですから、素人とは異なります。弁護士を入れていくということは、それだけでも慰謝料を引き上げる効果を持っているということになるでしょう。

交通事故案件では、相談料無料にしてある弁護士事務所も増えました。慰謝料は、しっかりと支払ってもらうものなのですから、交渉を考えて相談してみることがポイントといえるでしょう。

〔関連リンク〕交通事故 弁護士


保険会社の思惑

交通事故の示談金の意味を考えてみるべきですが、被害者に対する損害賠償ということになってくるでしょう。そこに見合うだけの金額になるのが基本です。ところが、満足いかない慰謝料を支払うということが出てきます。なぜそんなことになるのかということを考えていくと、弁護士に依頼する意味が見えてくるはずです。

説明してくれる男性保険会社は、営利企業であり、利益を上げることを目的としています。これが重要なポイントですが、慰謝料のような金額がはっきりしないものは、できるだけ少額に抑えようと考えています。もっと単純に考えれば、できる限り支払いたくはないのです。利益をあげなければならないからですが、慰謝料は最低限度の額を提示してくることになるでしょう。ここにも保険会社の思惑が働きます。必ず交渉をすることになるのはわかっていますし、少しでも上げてほしいといわれることを予測しているのです。つまり、少々の上乗せは交渉の落としどころと考えているでしょう。だからこそ、納得いくような慰謝料は引き出すことができません。

弁護士を依頼すると、相手の思惑の上で行動しなくて済むようになります。このような状況は予測済みであり、保険会社が考えて計算してきた算定基準ではないところで計算し交渉をすることになるため、慰謝料の引き上げができるといえるでしょう。


弁護士の交通事故交渉

怪我交通事故の被害者になってしまうのは、不幸なことであるのは間違いありません。衝撃によって怪我をしてしまうことも出てくるでしょう。その後の示談が成立したとしても、精神的にきつい状況が待っていることも少なくありません。示談交渉にしたいと思っても、肉体的にも精神的も厳しい中で交渉に臨むのは、得策とは言えないでしょう。実際に交渉を考えているときには、弁護士をうまく活用していくのがポイントになってきます。

弁護士を利用する理由はさまざまですが、相手側と交渉させるということが大きな目的となってくるでしょう。自分が交渉するというのは、状況的にうまくいきにくいからです。相手は、交通事故に対して専門家である保険会社の担当者になるでしょう。加害者が直接出てくるということは、あまり現実的な話ではないからです。弁護士には、交通事故案件に強い事務所も存在しており、有効に活用できるようになっています。交渉と法律の専門家であることから、保険の専門家である保険会社の担当者でも対等以上の交渉ができるでしょう。これが重要なポイントになってきます。

示談交渉では、自分が納得いく金額になるとは限りません。保険会社にもそれぞれ都合があるからです。最低限の保証に抑えたい中での交渉をしていくことになるのですから、こちらも専門家を要していかなければいけないでしょう。その意味でも弁護士に依頼することがポイントになってくるのですから、参考にしながら検討してみるべきです。