保険会社の思惑

交通事故の示談金の意味を考えてみるべきですが、被害者に対する損害賠償ということになってくるでしょう。

そこに見合うだけの金額になるのが基本です。ところが、満足いかない慰謝料を支払うということが出てきます。なぜそんなことになるのかということを考えていくと、弁護士に依頼する意味が見えてくるはずです。

保険会社は、営利企業であり、利益を上げることを目的としています。

これが重要なポイントですが、慰謝料のような金額がはっきりしないものは、できるだけ少額に抑えようと考えています。もっと単純に考えれば、できる限り支払いたくはないのです。利益をあげなければならないからですが、慰謝料は最低限度の額を提示してくることになるでしょう。

ここにも保険会社の思惑が働きます。必ず交渉をすることになるのはわかっていますし、少しでも上げてほしいといわれることを予測しているのです。つまり、少々の上乗せは交渉の落としどころと考えているでしょう。だからこそ、納得いくような慰謝料は引き出すことができません。

弁護士を依頼すると、相手の思惑の上で行動しなくて済むようになります。このような状況は予測済みであり、保険会社が考えて計算してきた算定基準ではないところで計算し交渉をすることになるため、慰謝料の引き上げができるといえるでしょう。

関連:弁護士のもつ算定基準