弁護士のもつ算定基準

慰謝料は、はっきりといくらですというところが評価しにくい性格を持っています。これが焦点となってくる部分ですが、保険会社の算定基準とは別に、裁判の判例によって作られた基準が存在しています。これを盤越しは使っていくことになりますが、金額の基準としては比べることができないほど高い金額になっているのが特徴です。

裁判の判例ですので、保険会社の基準よりもはるかにしっかりしたものであるといっていいでしょう。

これで交渉を進めていくことになるのですから、はるかに有効な手段となっていきます。

弁護士は、被害者の代理人となって交渉もしていきますが、保険会社が持ってくる算定基準は相手にしません。素人だと思って持ってきますが、落としどころが全く異なるからです。そうなると、保険会社も違う落としどころを考えなければならなくなるでしょう。

交渉のプロを相手にするのですから、素人とは異なります。弁護士を入れていくということは、それだけでも慰謝料を引き上げる効果を持っているということになるでしょう。交通事故案件では、相談料無料にしてある弁護士事務所も増えました。

慰謝料は、しっかりと支払ってもらうものなのですから、交渉を考えて相談してみることがポイントといえるでしょう。

関連:保険会社の思惑